食卓に間もなく「昆虫」がやって来る
食卓に間もなく「昆虫」がやって来る  GIGAZINE
(出典:GIGAZINE)


内山昭一 (カテゴリ 昆虫食)
)は、日本の昆虫料理研究家。 長野県長野市出身。長野県内には昆虫食が食文化として現存しており、祖父がカイコの蛹を好物としていた。そのため、幼少期より昆虫食の食文化が存在する環境下で育つ。しかし、当時はどちらかというと昆虫食に負のイメージを抱き、他に食べ物がないから仕方なく昆虫を食べているとも考えていた。
19キロバイト (2,841 語) - 2016年7月27日 (水) 06:52



(出典 files.value-press.com)


イナゴ、蚕のさなぎ、蜂の子

といったものは、一部の地域では、

伝統色として食されてきているんですよね。

お土産品としても、結構な人気ぶりみたいです。

そんな昆虫ですが、そう遠くない未来に、

食卓に並ぶと言うんです。

といっても、昆虫の姿がそのまま並ぶというのは、

抵抗感があるので、磨り潰して、粉状にして、

抵抗感が無い状態にして食べられるように。

というようになるみたいです。

この昆虫食、

鉄分・たんぱく質

などなど、プロテイン並みの栄養価があるんだそうです。

そこで、昆虫食について、まとめてみましたので、ご覧ください。
〜管理人からの一言〜

1 ニライカナイφ ★

◆昆虫食はすでに日常 カナダの大手スーパー「コオロギ粉」全国販売開始

<カナダの食品流通最大手で、コオロギの粉末を全国の店舗で販売開始。すでにコオロギは日常的食材として浸透している>

カナダの食品流通最大手のロブロウズがこのほど、コオロギを砕いた粉末を自社ブランドに加え、全国の店舗での販売を開始した。
全国に2000以上あるロブロウズではこれまで、トロントの1店舗の小さな「代替プロテインコーナー」でのみ昆虫の取り扱いがあったが、自社ブランドでの昆虫製品はこれが初めて。

■昆虫食の土壌はすでにできていた

カナダはオンタリオを本拠地とするロブロウズは、比較的廉価な自社ブランド「プレジデント・チョイス」でよく知られている。
これまでもカナダではミールワーム(甲虫の幼虫の総称)やコオロギのミートソースや、ハニーマスタード味のコオロギの丸焼きスナックなどが商品化されているが、全国レベルのスーパーでコオロギ製品が常備されるのは初めてという。

外食産業でも、数年前にすでにバンクーバーでコオロギピザや、トロントでタランチュラのてんぷらやコオロギの串焼きを供する店が登場している(globalnews)。
そのような動きを踏まえてロブロウズは、自宅で日常的に使うほど、コオロギはカナダ人のあいだに浸透したと判断したようだ。
「業界のリーダーとして、コオロギ粉を簡単でアクセスしやすい形でカナダ人に届ける先駆者になりたかった」と、スポークスウーマンのキャサリン・トーマスは語る(CBC)。

■どんな料理にも使える

プレジデント・チョイスのためのコオロギを生産するのはオンタリオ州を拠点とするエントモ・ファームで、コオロギやミールワームを使用したオリジナル製品も生産している。
コオロギ100%のコオロギ粉は、単純に小麦粉の代用品として、どんな料理に使っても相性がいいようだ。
プレジデント・チョイスのウェブサイトでは、コオロギ粉を使ったカレーやチョコレートバーなどのレシピも紹介している。

エントモ・ファームの共同創始者ジャロッド・ゴールディンは、ヨーグルトに振りかけて食べるという。
少量ならほとんど邪魔をしない味だが、多めに使うと「とても素敵な、土のような、ナッツのような、マッシュルームのようなフレーバーがある」そうだ。

■単なる代用プロテインではない

Entomophagy「昆虫食」はこの2、3年で急激に注目されるようになった。
ヨーロッパでも、何ともいえない表情でコオロギを試食する市民の様子がニュースで紹介されるようになってきた。
本誌米国版でも昨年、フィンランドの食品大手が売り出したコオロギパンを紹介している。

カルシウム、鉄分、ビタミンB12などが豊富といわれるコオロギ、ひいては昆虫全般だが、単なる代替プロテインとして注目されているわけではない。
食肉用家畜に比べ、その飼育には必要とされる水、餌、土地が少なく、また温室効果ガスの放出が少ない。

また、国際連合世界食糧計画(WFP)の2015年のレポートスによると、世界の約8億人が、健康で活動的な生活を維持するのに必要な栄養を補える食料を得られていない。
一方で世界の人口は2050年までに90億人にまで膨れ上がると予想されている。
食料問題の解決策としても、昆虫食は注目を浴び、研究され始めている。

2013年の国連食糧農業機関(FAO)の報告書によると、人類はこれまで1900種類以上の昆虫を食してきたという。
たとえば、日本も含め、イナゴやその他の昆虫類は世界の多くの地域で古くから食されてきた。

昆虫食というとまだ抵抗を感じてしまう場合もあるだろうが、姿形はエビなどの甲殻類と大差ない。
ここまで実際に浸透してきた以上、マインドセッティングを変える必要があるのかもしれない。

写真:
(出典 www.newsweekjapan.jp)


ニューズウイーク 2018年3月13日(火)17時40分
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9727.php
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9727_2.php





23 名無しさん@1周年

>>1
抹茶製品などで時々記載されている緑色着色料のコチニールって虫じゃん?
今更?


67 名無しさん@1周年

>>23
コチニールは赤色だろ
緑色なのは蚕沙から取る銅クロロフィルだけど蚕の*は生産量少なくて高いから今は化学合成してる


3 名無しさん@1周年

長野県民ならば


12 名無しさん@1周年

>>3
形を残せとクレームが


14 名無しさん@1周年

>>3
長野県民だけどコオロギは勘弁して


32 名無しさん@1周年

>>3
基本的に長野県民が食べる虫はエサが単つ
ハチノコ・・・・・・・・蜜、花粉
サナギ(カイコ)・・・・・桑の葉
イナゴ・・・・・・・・・稲の葉
ザザムシ(カワゲラ)・・・川の苔

コオロギは雑食性で何でも食べる


5 名無しさん@1周年

おころぎ焼き


91 名無しさん@1周年

>>5 なんで、こおろぎなのか。
せめてイナゴならわかるが


8 名無しさん@1周年

ザザムシって結構いけるよ


22 名無しさん@1周年

>>8
食ったことないけど何かうまそうな


9 名無しさん@1周年

蜂の子は旨いよ。
成虫より幼虫とかさなぎが旨い


11 名無しさん@1周年

シャコとかエビって昆虫みたいなもんだろあれ


99 名無しさん@1周年

>>11
ダンゴムシが海に住んでて、ダイオウグソクムシは
エビみたいで美味だというから、
ダンゴムシも茹でれば美味しいかも。たぶん


26 名無しさん@1周年

自称料理研究家が頑張ってくれることでしょうw


28 名無しさん@1周年

>>26
そんな人が頑張っても流行らない
「痩せる」「髪の毛が生える」これで決まり


27 名無しさん@1周年

そうだねプロテインだね(´・ω・`)


31 名無しさん@1周年

いやどす

ミドリムシなら良いけど


43 名無しさん@1周年

青虫なんかどうだい?
青虫はキャベツ食ってるからヘルシー


48 名無しさん@1周年

>>43
生産効率の問題


47 名無しさん@1周年

イナゴや蜂の子ぐらいは体験しとけよ
クジラ肉と同じくらいの伝統食だ


53 名無しさん@1周年

昆虫の何が気持ち悪いのか分からん、単なる食わず嫌いだろ
エビや貝類、魚だって見慣れてなかってらグロテスクに違いない


61 名無しさん@1周年

>>53
コオロギの寿司か


65 名無しさん@1周年

いなごの佃煮
誰が考えたのかしらんが酒のつまみだわこれ


72 名無しさん@1周年

>>65
でもいわゆる「佃煮」の味しかしないんだよな
イナゴである必要があるのかと


76 名無しさん@1周年

日本はミドリムシだな。


87 名無しさん@1周年

カナダは先進的だなー