倉科カナ(写真提供:JP News

女優の倉科カナが28日、自身のインスタグラムを更新し、ファンドッキリを敢行。コメント欄には「びっくりした!」と驚きの声が広がった。

■衝撃のスキンヘッド姿

倉科は「突然ですが、髪を切りましたー」と報告し、頭がツルツルになったスキンヘッド姿でカメラ目線を決めているショットを公開。

前回の投稿までは、胸下あたりまで伸びていたロングヘアだっただけに、まさに”突然”のイメージチェンジとなった。

関連記事:あばれる君、衝撃の頭頂部ドアップにファン驚愕 「誰かと思った…」

■実際は…

しかし、実際は髪を切っておらず、「ウソ」であることを告白。

これは、漫☆画太郎の『珍遊記太郎とゆかいな仲間たち』を実写化した2016年の映画『珍遊記』で、玄奘(げんじょう)役を演じたときのスキンヘッド。写真をよく見ると、袈裟を着用しており、劇中の姿であることがわかる。

当時、特殊メイクにチャレンジした姿が大きな反響を呼んだが、倉科は「面白いって思ったら、カッコとか付けずに、、なんでもやってしまう。周りハラハラするかもしれないけれど、、そうやってこれからも色んな事に挑戦していきたい」と決意をつづった。


■驚き&絶賛の声

コメント欄には、「え、坊主?!」「ビックリした」「うそかよー!」と、倉科のドッキリに騙されたユーザーが続出。一方で「髪なくてもかわいい」「似合うところが良い」「髪無くてもめちゃくちゃ綺麗で驚き」と絶賛の書き込みも集まっていた。

スキンヘッド姿でも、この褒め言葉の数々。倉科はまさに正真正銘の「美女」だと言えるだろう。

・合わせて読みたい→麒麟・川島、リモート収録ならではの悩み吐露 「プロデューサーが映って…」

(文/しらべぇ編集部・RT

倉科カナ、突然のスキンヘッド姿にファン衝撃 「え…」「びっくりした」


(出典 news.nicovideo.jp)

倉科 カナ(くらしな かな、1987年12月23日 - )は、日本の女優、タレント。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。熊本県熊本市出身。 熊本信愛女学院高等学校卒業。高校3年生のとき、冒険心から受けた「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを受賞した。しかし、当時は学業を優先して
35キロバイト (4,487 語) - 2020年4月24日 (金) 02:34



(出典 image.i-voce.jp)


倉科カナ。
スキンヘッド姿に世の中騒然になったんです。
スキンヘッドになった倉科カナも美しすぎたんですが。
なにをしても可愛い倉科カナですよね。

そこで、倉科カナについて、まとめてみましたので、ご覧ください。
〜管理人からの一言〜

<このニュースへのネットの反応>





未来が変わる!話題の副業とは?


【無料】詳細資料を期間限定で配布中!副収入で月20万円を得られるチャンス!空き時間を資産に変える『tool+』で生活を楽に!難しい事はありません!コピペが出来れば誰にでも出来る簡単な副業です!