ラップバトル番組「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日系)が2020年7月1日未明の放送で最終回を迎えた。

番組の終了が話題となる一方で、オーガナイザー(主宰者)のZeebraさんが以前のネットラジオでその理由を明かしていた内容にも注目が集まっている。

レギュラー陣の逮捕が続く

2015年から約5年間放送されたフリースタイルダンジョンは、「モンスター」と呼ばれるレギュラー陣が毎週「チャレンジャー」と呼ばれるゲストラップバトルを繰り広げる番組。いわゆる「アンダーグラウンド」のラッパーが地上波バトルを繰り広げるという物珍しさなどが注目を集め、ラップブームの火付け役ともされた。

ところが、18年1月には進行役などを務めたUZIさんが、20年5月にはモンスターや審査員として出演していた漢 a.k.a GAMIさんが、大麻取締法違反の疑いでそれぞれ逮捕された。そのほか、番組に出演したゲストからも大麻所持や暴行の容疑などで複数の逮捕者が出ており、ネット上では番組の存続を危ぶむ声もみられていた。

今回、番組ナレーションで「今夜ついに最終回」と説明。以前にテレビ朝日の番組表などで番組名の横に最終回を示す「終」が記載されているとしてツイッター上などで話題になっており、J-CASTニュース6月24日テレビ朝日広報部に取材したところ終了は事実と回答していた(フリースタイルダンジョン、30日で最終回 翌週から新番組「フリースタイルティーチャー」に...惜しむ声も)。

番組内や公式サイトでは告知を行ってこなかったためか、放送後の7月1日未明から昼ごろにかけてツイッターでは「ダンジョン最終回だったの!?」「なんでフリースタイルダンジョンわったん」など、驚きの声を上げるファンもみられた。

その終了理由について、Zeebraさんはヒップホップ専門ラジオ局としてインターネット配信されている「WREP」の番組「Zeebra's LUNCHTIME BREAKS」の6月25日の放送で語っていた。

「終わる理由はもう皆さんお察しの通り」

Zeebraさんは

「(番組を)始めてすぐにものすごく大反響で。テレビ界の中でも当時クレイジジャーニーTBS系)とフリースタイルダンジョンの2つがちょっと異質で、すごいと言ってくれてた。おかげさまでヒップホップにはいろいろ貢献できたんじゃないかと思ってはいたんですけども」

などとスタート当時を振り返った後、

「終わる理由はもう皆さんお察しの通りでございますよ。これね、すごい難しいところで、はっきり言うとね。もともと例えば漢がそういうリリック(歌詞)を歌っていて、そういうスレスレな感じっていうのもエンターテインメントだとなっていたわけです。でもそれが、こうなってしまうとエンターテインメントではなくなってしまう。そういう意味でそれをエンターテインメントとして売った俺の責任もある、と本当に俺は思っています。本当に申し訳ない

と語った。

漢さんは、自身の楽曲「my money long」の中で「年中無休でポリスとガンジャ(大麻)を上手く巻く」とつづり、番組内のバトルでは「俺はブリブリだし」と、大麻の摂取により酩酊した状態を指すとされる「ブリブリ」を用いるなど、過激な歌詞で知られている。

Zeebraさんはその後、

「ただ、やはり番組としては、不祥事が続くような番組は続けられないのは、しょうがないんんですよ。むしろここまでやってくれたテレビ朝日には本当に感謝ですし、サイバーエージェントさん本当に感謝です。制作チームも本当に感謝」
「これ誰のせい?って話ではないです。とにかくヒップホップがどうなっていくべきか考えなきゃいけないこと。みんなも別にバカがしたくてやってるわけじゃないと思います」

など、「不祥事」が番組終了の一因であることを示唆し、ヒップホップという文化について持論を語った。

新番組「フリースタイルティーチャー」始動

また、翌週7月8日未明から同じ局・時間帯で始まる新番組「フリースタイルティーチャー」について、

「(ラップバトルばっか盛り上がって、ヒップホップが伝わってないっていう話もすごくあったなと思っていて。もう少しそういうエデュケーションができる番組があったらいいんじゃないかなと。ダンジョンで楽しんでもらったラップヒップホップの奥の深さを楽しんでもらえるような番組が作りたいなと」

コメント。すでに第1回の収録を終えたことを明かした。

テレビ朝日公式サイトによると、 「ラッパーとラップ好き芸能人がタッグを結成!二人三脚バトルを目指す」番組とのことだ。芸能人からはゆりやんレトリィバァさんらが出演するほか、「教授」としてラッパーのKダブシャインさんが出演するという。

画像はフリースタイルダンジョン公式サイトから(テレビ朝日サイト内)


(出典 news.nicovideo.jp)

芸名は、高校時代からのあだ名「ゆりやん」と、NSC入学当時に友人との間で流行っていた「ゴールデンレトリィバァ」の2つの候補で悩んでいたが、芸名を申請する際、試しに両方を合わせた「ゆりやんレトリィバァ」を言ってみたところ、いい感じだったため決定した。かつては「親が犬だったからレトリィバァ」になったという設定だった。
29キロバイト (3,579 語) - 2020年6月28日 (日) 13:18



(出典 stat.ameba.jp)


ゆりやんレトリィバァ。
別人、キレイと言われるほど痩せたんです。
その痩せた体重が30キロ減だったんです。

そこで、ゆりやんレトリィバァについて、まとめてみましたので、ご覧ください。
〜管理人からの一言〜

<このニュースへのネットの反応>

★一度でも*を使用したら再起不能。*はヘロインや覚せい剤と同じ*に分類される。そのことを周知するような番組にしてほしい。―――日本人はかつて覚せい剤を使用しながら戦争を継続させたり、*は服飾、装具などの戦争の道具になった。日本人から*を取り上げることが平和につながるのである。






未来が変わる!話題の副業とは?


【無料】詳細資料を期間限定で配布中!副収入で月20万円を得られるチャンス!空き時間を資産に変える『tool+』で生活を楽に!難しい事はありません!コピペが出来れば誰にでも出来る簡単な副業です!