魚が不足がちになった日本人の体はバランスがガタガタ!そんな悩みを解消する「DHA・EPA(オメガ3脂肪酸)と少しのDPA」についてまとめてみた


DHAは脳内にもっとも豊富に存在する長鎖不飽和脂肪酸で、EPAは脳内にほとんど存在しない。これは投与されたEPAは脳内に移行したのち、速やかにDPAさらにはDHAに変換されるためである。他方、ラットの動物実験で脳のリン脂質においてDHAを摂食すると脳リン脂質中のDHAの割合は増加したが、DPA
11キロバイト (1,451 語) - 2017年9月2日 (土) 10:54



DHA・EPAをシッカリ摂れば頭が良くなるとか言いますが、その前に、DHA・EPAが不足している食生活を送っていると健康を害するような体の状態に鳴門言われています。
既に、現代人は食が欧米化していて、1日のDHA・EPAの摂取量は1000mgなのに対して、2割から8割減の状態になっていると言われています。
さらに、イヌイットでは野菜を食べず、高タンパク・高脂質・高カロリーなのに、生活習慣病にかかりにくいと言われており、その原因にDHA・EPAと少しのDPAを摂取しているからだと言われています。
そこで、DHA・EPA・DPAについて、まとめてみましたので、ご覧下さい。
〜管理人からの一言〜




<関連する記事>



魚でうつ病リスクが半減!? ズボラさんでも魚を楽に食べるコツ 魚でうつ病リスクが半減!? ズボラさんでも魚を楽に食べるコツ
…今回注目されているDPAは通常の魚からは摂取しにくく、サプリなどが登場しています。魚を食べることで期待ができるのは、EPAやDHA(ドコサヘキサエン酸…
(出典:ライフ総合(女子SPA!))

<関連する画像>




(出典 wing-auctions.c.yimg.jp)

(出典 dha-kachou.com)

(出典 thumbnail.image.rakuten.co.jp)

(出典 www.fancl.co.jp)