【ステロイドに匹敵!?】保水機能に加え、炎症を抑える働きのある『サクラン』についてまとめてみた


サクラン (sacran) とは、硫酸化多糖類の一つで、日本固有種のスイゼンジノリ (Aphanothece sacrum) から水酸化ナトリウム水溶液により抽出され、特性が調べられた。 サクランの絶対分子量は静的光散乱法で 1.6 x 107 g/mol、重量平均分子量はゲル透過クロマトグラフィー(プルラン換算)により
2キロバイト (278 語) - 2011年9月19日 (月) 09:19



肌の乾燥が強い人の中には、乾燥しているだけではなく、その乾燥から、痒みが増し、掻き壊し状態になり、悪循環を招いている肌質になっている方がいるかと思います。
そのような方の多くは、皮膚科などでステロイド系の塗り薬を処方され、日々、塗り続けていると思います。そして、処方された塗り薬が効かなくなると、さらに強いステロイド系塗り薬を処方という、こちらも悪循環になってしまうことが多いようです。
そこで、保水機能と炎症を抑える働きのあるサクランと呼ばれる成分が入った保湿クリームや保湿液を使うことで、ステロイド系塗り薬なみの効果が期待出来るとも言われています。
サクランの特徴としては、天然高分子で保水効果(6000倍以上の保水力を有し、ヒアルロン酸の5倍から10倍高い)があり、皮膜形成するそうです。
そこで、サクランについて、まとめてみましたので、ご覧下さい。
〜管理人からの一言〜




<関連する記事>



「しっとり肌着」商品化 北陸先端大など共同開発 「しっとり肌着」商品化 北陸先端大など共同開発
…用に養殖されるラン藻「スイゼンジノリ」の主成分である「サクラン」をレーヨンに練り込んだ。サクランは高い保水能力と抗炎症効果を持つ物質で、2006年に北…
(出典:石川(北國新聞社))

<関連する画像>




(出典 xn--pckl1nob883zmo0b.up.n.seesaa.net)

(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)

(出典 make-a-good.com)

(出典 lifecella.jp)