【睡眠不足ががん細胞を活発化させる!?】睡眠が足りていない状態が続くとがん細胞が活発化するとのことで『睡眠負債と乳がん』についてまとめてみた


光によってメラトニンが抑制され、それは光の強さと曝された時間の長さに比例する。ハーバード大学医学院では夜の青色光が体内時計を狂わせて数種類のがん(乳がん、前立腺がんなど)や糖尿病、心臓病、肥満などさまざまな生活習慣病の発症リスクが高くなる可能性があることも分かってきた。
22キロバイト (2,567 語) - 2017年10月9日 (月) 00:26



女性は、元々男性に比べて、睡眠時間が短いと言われています。
確かに、家事をして、仕事をして、それらに伴うストレスを抱えといった感じで、睡眠時間が少なくなっています。
そんな女性において、睡眠時間が7時間未満の場合、乳がんの発症率が上がっているという症例があるようなのです。
そこで、睡眠負債と乳がんについて、まとめてみましたので、ご覧下さい。
〜管理人からの一言〜




<関連する記事>



「72時間ネットテレビ」が話題に!人間は何時間起きていられるのか? 「72時間ネットテレビ」が話題に!人間は何時間起きていられるのか?
…前から蓄積するといわれています。30代~50代の「睡眠負債」には留意が必要です。多忙な人の「睡眠負債」対処法は?そうは言っても、毎日仕事や家事で忙しく…
(出典:ヘルス(ホウドウキョク))

<関連する画像>




(出典 i1.wp.com)

(出典 nonchan-diary.com)

<ツイッターの反応>