【衝撃】空腹感やストレスに悩まないでダイエットが出来る食事の栄養バランスがコレだ!


脂肪肝は速やかに消失し、インスリン抵抗性も消失したと報告している。 拒食症やタンパク質摂取を削減するダイエットが原因となっている場合、摂取カロリーの主体が炭水化物や糖質が過剰(低タンパク-高炭水化物)となっている事が多いが、タンパク質が主体の(高タンパク-低炭水化物)に食事に変えることで改善される。
16キロバイト (2,058 語) - 2018年1月31日 (水) 14:21



今話題になっている、高たんぱく質で低炭水化物もしくは炭水化物抜きダイエットよりも体に負担をかけることなく、空腹感やストレスに耐えること無くダイエットに取り組み事ができるダイエットが、

 低タンパク質・高炭水化物ダイエット

なんだそうです。これは、元々腎臓病の人向けに取り入れられた食事療法なので、そのままの栄養バランスで健康体の人がダイエットに使うには問題があるのだそうですが、

 たんぱく質の減らし方
 炭水化物の摂り方

など、参考になる食事療法であることには間違いありません。

本来、炭水化物は、脳の栄養源であったり、代謝の活性化を担ったりと、炭水化物を絶つダイエット法にも、一長一短のところがあります。
例えば、高タンパク低炭水化物の場合、筋肉を太らせたり、筋肉に負荷をかけるようなトレーニングをする人には向いていますが、軽度のトレーニングをする人では、たんぱく質摂取過多になる場合があります。これは、消化器系への負担も懸念されます。

そこで、低タンパク高炭水化物となるのですが、こちらも、あなたの体と相談しながら比率を見極める必要があります。
それでも、約40%カロリーカットが望めますので、ダイエットが出来て寿命も延びると考えられるわけです。

そんな、低タンパク質・高炭水化物ダイエットについて、まとめてみましたので、ご覧下さい。
〜管理人からの一言〜




<関連する画像>




(出典 daiichi-shuppan.co.jp)

(出典 shop.heartfulfood.jp)

(出典 image.honto.jp)

(出典 item-shopping.c.yimg.jp)

<ツイッターの反応>


食事改善アドバイザー/健常者食習慣
@iton33001

玄米パワーの凄いところは、明治時代にベルツ博士が調べている。玄米食で、低タンパクの状態で、博士を乗せた人力車で140キロの道のりを一日で走破したことで、これにはとても驚いて、更に、調べたそうで、80kgの荷物を積んで毎日40キロの道を10日間走らせたそうです。

2018-02-16 10:32:22

(出典 @iton33001)

佐久間 義中
@yosinobu121

7【続き】味噌大根の千切りと沢庵」という答えだった。聞けば平素の食事も、米・麦・粟・ジャガイモなどの典型的な低タンパク・低脂肪食。もちろん肉など食べない。彼からみれば相当の粗食だった。 そこでベルツは、この車夫に【続く】

2018-02-14 20:39:22

(出典 @yosinobu121)

佐久間 義中
@yosinobu121

28-1【続き】 元々「低タンパク・低脂質・高糖質」で健康だった日本人に対して、ドイツ人並みの「高タンパク・高脂質・低糖質・動物食中心」 の食事に【続く】

2018-02-14 20:33:15

(出典 @yosinobu121)