【動画あり】ダイエットで必ず直面するリバウンドや停滞期は○○して乗り越えよう!


ていたため再び復帰は見送られ、改めて10kgの減量が復帰の条件とされた。第38回放送にて結果が発表され、佐山は停滞期を乗り越えたものの、目標体重である52kgまで3.8kg届かずダイエットは失敗に終わった。だが、もう1つのテーマであった「人間としての成長」を確信した同行ディレクターの直訴により、(
18キロバイト (2,548 語) - 2018年1月17日 (水) 15:57



ダイエットをしている人の中には、停滞期と呼ばれる、どうしても体重が減らない時期が長い人で、ひと月くらい続くことがあります。この減らない期間で挫折してしまう人が多いようですが、この停滞期というのは、ひと月の間に体重の5%以上が減ったときに体が自動的に引き起こす防衛反応なんだそうです。
裏を返すと、停滞期にならないためには、ひと月の間に5%以上の体重が減らないようにすれば良いというワケなんです。
意外と5%を超えて急激なダイエットをしている人は多いんじゃ無いかと思いますが、コンスタントに体重を落としていきたいなら5%未満に抑えることが重要ですね。

また、リバウンドをする人の多くは、食事制限をして体重を落とした人に多いと言われています。これは、軽度でも運動を交えてダイエットをしていなかった人という前提になります。なぜかというと、食事制限で痩せた人の多くは、筋肉量が減ったことで基礎代謝も落ちているのです。そのため、ダイエットに成功した後、食事を元に戻したりすることで、代謝が間に合わず、結果リバウンドする事になってしまうんです。

停滞期もリバウンドも、バランスの取れた食事や規則正しい生活をしながら、ダイエットに望んでいれば、起こり得ないことだったりします。

そこで、ダイエットにおける停滞期とリバウンドの解決法について、まとめてみましたので、ご覧下さい。
〜管理人からの一言〜