結果にコミットするための「最後のダイエット」
結果にコミットするための「最後のダイエット」  読売新聞
(出典:読売新聞)


低炭水化物ダイエット(ていたんすいかぶつダイエット、low-carbohydrate diets)とは、肥満や糖尿病の治療を目的として炭水化物の摂取比率や摂取量を制限する食事療法である。低糖質食、糖質制限食、ローカーボ・ダイエットとも呼ばれる。本質的には炭水化物で摂取していたエネルギーをタンパク質と脂質に置き換える食事法である。
28キロバイト (3,626 語) - 2018年4月6日 (金) 00:43



(出典 livedoor.blogimg.jp)


やみくもに、ダイエットで痩せられれば!

ということで、


低炭水化物ダイエット


をする人がいますが、

もし、何も考えずに、

炭水化物を減らしたり、絶ったり、

しているなら、それは、


太る身体を作っている!


かもしれません。

炭水化物は「悪者!」と、

レッテルを貼っている人が多いですが、

炭水化物は、摂りすぎはNGでも、

適量を摂っているとエネルギー源として、

役割を果たしてくれます。

そこで、低炭水化物ダイエットについて、まとめてみましたので、ご覧下さい。
〜管理人からの一言〜

1 しじみ ★

ご飯やパン、麺類などを控える「低炭水化物(ローカーボ)ダイエット」。
体重を減らす効果があるとして若い世代を中心に人気だが、
医療関係者の間では「健康を損なう危険性がある」との声が強まっている。
日本医師会と米穀安定供給確保支援機構主催の「食育健康サミット」が十一月、東京都で開かれ、
医師らが炭水化物を控えることの危険性を強調した。 (編集委員・安藤明夫)
 ローカーボダイエットは、炭水化物を控え、肉類などタンパク質や脂質中心の食事を取ることで体重を減量させる方法。
若い世代を中心に広まっているが、医学界では批判の声が強く、日本糖尿病学会は二〇一三年、「推奨できない」と提言している。
 サミットでは、栄養のバランスが乱れやすい同ダイエットの問題点を指摘する声が相次いだ。
 森谷敏夫・京都大名誉教授(応用生理学・スポーツ医学)は「炭水化物を取らないことで短期的に体重が落ちても、
体内の脂肪分は変わらず、水分が減っているだけの場合が多い。
標準体重でも体脂肪率の高い“隠れ肥満”の若者はむしろ増えている」と指摘した。森谷さんが女子大学生百三人を調査したところ、
隠れ肥満は50%に達し、低血圧35%、冷え性21%などの問題もあった。
 この学生たちに、正しいダイエットとして、管理栄養士が調理したご飯、みそ汁、魚、
野菜、果物などの三食(一食あたり四百キロカロリー)を二週間提供し、間食はしない生活を送ってもらったところ、
体重は平均二・四キロ減。体脂肪は一・七キロ、ウエストも三・七センチ減った。交感神経の活動や脂質代謝も向上したという。

 日本人の摂取カロリー量は昭和時代に比べ大幅に低下しているが肥満は増えている。
「肥満や糖尿病の増加は食べすぎのせいではなく、座っている時間が長いことが一番の原因。
立って動く時間を増やすことで、筋肉の減少を抑え、高齢期の介護予防にもつながる」と体を動*ことを勧めた。
 福岡秀興・早稲田大研究院教授は、若い女性の「やせたい願望」が栄養不足に直結する危険性を指摘した。
体脂肪率の低下は、卵巣機能に影響し、月経周期が乱れたり、無月経になったりする。
 妊婦の場合はさらに影響が大きい。妊娠初期に炭水化物の摂取が少ないと、赤ちゃんは低体重で生まれる傾向があるだけでなく、
将来的に糖尿病や高血圧など生活習慣病の発症リスクも高くなる可能性があるという。
 高齢の糖尿病患者の研究をもとに食育の問題を取り上げたのは、東京都健康長寿医療センターの荒木厚・内科総括部長。
カルシウムや食物繊維、緑黄色野菜などの摂取が少ないと、認知機能の低下のリスクが高まる傾向がみられたという。
 健康と長寿につながる食として▽米などの炭水化物の主食▽魚、鶏肉、豆類、大豆製品などのタンパク質の主菜▽野菜、
海藻などビタミン、ミネラルの副菜を挙げ、「旬のものを食べるなど、食の多様性も大切」と強調した。

 寺本民生・帝京大臨床研究センター長は、健康寿命を延ばすために、女性のロコモティブ症候群(骨、関節など運動器の障害)、
男性のメタボリック症候群(内臓肥満と高血圧、高血糖などが組み合わさった状態)の予防が大切として、伝統的な日本食の利点を強調した。

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201712/CK2017121202000182.html





24 名無しのひみつ

>>1
>日本糖尿病学会は二〇一三年、「推奨できない」と提言している。

日本糖尿病学会の理事長個人は、糖質制限しているけどね


26 名無しのひみつ

>>24
管理された糖質量なら制限とは言わないと思うんだよ。適正な糖量を制限と言うか?
アホだと思うのは、自己血糖値も調べずに言われたままやることだと思うよ。
糖尿病なら制限て言葉が合うとは思うけどね。


34 みんなで即時廃止! THE畜産

>>1
肉を食べると健康に悪い。
肉食家はベジタリアンに比べ死亡リスクが8%程度あがる。


2 名無しのひみつ

いい加減バランス食が一番と分かれ


9 名無しのひみつ

>>2
これ。
日本語すら覚束ないけどw

バランスよく摂れ。
ゆとりは加減て言葉しらんからな。


12 名無しのひみつ

今までご飯が多すぎたのは確かだな。
ご飯や麺を減らして、野菜を多く採るようにしたら体調が良くなった。
(この時点で体重は変わらず)

緩い運動を始めてみたら、徐々に身体が締まってきた。
(水分が抜けてきた)

ここから脂肪を燃やすトレーニングに入ると、徐々に体重と体脂肪が落ちていく。
時間を掛けてゆっくり運動するのが効果的らしい。


31 名無しのひみつ

>>12
野菜は体に悪いよ
痩せたいなら肉食え


14 名無しのひみつ

昔最大1日4合食べていたけど
今では1合(白米0.3合、大麦0.7合)
このラインは切らないようにしている


16 名無しのひみつ

ローカーボのポイントは血糖値の維持。急激な血糖値の上昇を抑えるのが重要。
インスリンの分泌を抑えるような食事をすれば勝手にやせていく。


22 名無しのひみつ

まだ人間が穀物生産してない頃炭水化物は今ほどなかったはずだ
つまり古代では隠れ肥満が多かったと言うのか⁉
そんなバナナ


23 名無しのひみつ

>>22
猿の時代は果物が主食だよ


33 名無しのひみつ

>>23
早い話、ご先祖であるサルの食生活を真似ればいいんだよな
果物・木の実・昆虫など
昆虫はアレだから代わりにチーズにして、あと果物とナッツのみ食べるようにしてる
腹が引っ込んで体が軽く体調がいい


47 名無しのひみつ

>>33
> 早い話、ご先祖であるサルの食生活を真似ればいいんだよな
> 果物・木の実・昆虫など

人類史では、数百万年前の猿人時代から、人類は果実を中心とする植物食。
縄文人も植物が主食。

 ヒトとチンパンジーを比較する世界初のゲノム地図が完成 理化学研究所
http://www.riken.jp/~/media/riken/pr/press/2002/20020104_1/20020104_1.pdf
 > 今回得られた配列を基に、
 > ヒトと チンパンジーのゲノム配列の平均一致度. を算出すると、98.77%という値

・チンパンジー(ヒトとゲノム配列が超高率で一致)…約95%が果実中心の植物食。
・アウストラロピテクス…果実食に加え、イネ科植物の根、など草食性が広がった。

 日本の話なら、縄文人も植物質が主食だった、とある。
http://rarememory.justhpbs.jp/suwajyou6/suwa.htm
 > 縄文人の主食は、
 > 種実類(しゅじつるい)と根菜類を中心とした植物であることが、今日では定説になっている。


53 名無しのひみつ

>>33
マンモスなどが食ってたイネ科、ヨモギ、カヤツリグサ科などの植物は
当時の人類も食ってたしな
チンパンより食性が幅広く進化して、塊茎など食える植物が多くなった


66 名無しのひみつ

>>33
日本人は腎臓のネフロンが欧米人より少ないということが最近ニュースになったけど、
サルと人間の差は日本人と欧米人よりも大きい。
人種として積み重ねられた食生活の差により、食物への適応性も変化している。
だから、人間がサルの食生活を真似ればよいということにはならない。
ちなみにサルよりも人間の方が寿命が長い。


25 名無しのひみつ

人類700万年の歴史のほぼ全ての時代は氷河期だった
逆にその気候変動とともに人類は進化してきたと言ってもいいかもしれない
氷河期が終わって温暖化したのが1万年前
農耕もそれとともに始まった
樹上性の類人猿がみな赤道付近に生息しているのは偶然ではない
果実のようなものは寒冷な気候では育たないからな


27 名無しのひみつ

日本糖尿病学会の言うこと聞いてたら人工透析になる


28 名無しのひみつ

>>27
なってから言え


29 名無しのひみつ

栄養管理、適度な筋トレ、有酸素やっててBMI21だけど
科学的には、長期肥満のダイエットは単純な物ではない

体の仕組みを勉強し、継続可能な計画を立てるなど
正しい知識と準備をしっかりすべき そこで勝負が決まる

科学的根拠が無いダイエット知識や、持論は捨てるべき
女は特に感情で動くから危ない やせ体型は服を綺麗に着られるので良いが
それは女同士の競争であって、科学的に理想の3サイズはほぼ決まってる


32 名無しのひみつ

低炭水化物・アトキンスダイエットが弊害で失敗して廃れたし
言葉遊び、というか予防線は必要だよね

適切な制限であって、バランスが重要だ、なんて注意書きしとけば
勝手に低炭水化物でバランス崩しても、責任の所在は、、、ねえ

ライザップですら、注意書きで糖質摂取は重要だと主張してる
http://column.rizapstore.jp/kiso/902.html

 > 過度の糖質不足、絶食、飢餓状態になると、筋肉が分解されてしまいます。
 > また、糖質が関わるホルモンがあり、
 > 男性ホルモンと呼ばれているテストステロンが減少、
 > 筋肉の生成に悪影響を与えてしまう可能性があります。


37 名無しのひみつ

食事バランスガイド「・・・」


39 名無しのひみつ

肉ばっか食ってると
確かに痩せるけど
体臭が臭くなってる気がする。
24時間嗅いでる自分が「あれ?」と思うくらいだから
まわりのヤツは確実に気づいてると思う


40 名無しのひみつ

>>39
某アイドルアニメの某キャラクターは肉ばっかり食ってた
これはヤバイ 子供に悪影響を及ぼす
それでいて小学生高学年辺りから制汗スプレーを吹きつけ続けていたらどんなに人体に悪影響を及ぼすか
アニメの食べるもの一つ取ってみても気を付けなければならない世の中になった
表現の自由とかのレベルじゃない アニメを通して教育される視聴者たちのことを考えて製作する必要がある


55 名無しのひみつ

>>40
お前バカすぎ


56 名無しのひみつ

>>39
動物性の脂肪が多い食事により、過剰に分泌される皮脂が臭う。

さらに、肉を多く摂ると、内臓に負担をかける。

肉で増える腸内の悪玉菌により、悪臭が汗や口臭に。
また何よりも、タンパク質の代謝で発生するアンモニアが、汗にも出て臭い。


51 名無しのひみつ

チンパンの身体能力ですら、ほぼ果実食だぞ

狩猟では動き回って一日一回獲物にありつければ良い方
しかも、打石器での狩猟成功率は?

数百万年前の、アファール猿人・アフリカヌス猿人などからチンパン同様の果実食中心
また木の実、塊茎なども食べてたのが人類


73 名無しのひみつ

>>51
♪ 縄文土器 弥生土器 どっちが好き? どっちも土器


57 名無しのひみつ

糖質を食べると口の中が雑菌だらけになって臭い


59 名無しのひみつ

>>57
歯磨きしろよ


65 名無しのひみつ

低糖質食(糖質の制限)・欠食はインスリン分泌不全の原因になる。
そこで
インスリン分泌を正常化させるのは、「望ましい糖質摂取」。

> 望ましい糖質摂取はインスリン分泌能を正常化させ、若年女性の
> 耐糖能異常は改善できることが示唆された。
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-23617031/

> 欠食を繰り返したり、低糖質食で体重制限を行っている

> インスリン分泌能が低下したやせ型若年女性も
> 糖尿病発症のターゲットに加える必要がある。

> そして、正しい糖質量を規則正しく摂取するように発信しなければならない。

低糖質食によるインスリン分泌能低下は糖尿病発症原因。規則正しい糖質摂取が必要。


67 名無しのひみつ

>>65
糖質40g~60g程度なら緩い糖質制限なわけだが

>介入内容として、以下の事柄を被験者に告げた。
>1日に必ず3回の食事(主食を含むもの)を 摂取する。
>毎食、体格に応じて、糖質40g(ご飯なら1 00g)以上あるいは糖質60g(ご飯なら150g) 以上を摂取する。これまでの食事摂取量を考 慮し、毎日実行できる範囲の糖質摂取量とし た。
>目安として身長160cm未満の場合は糖質4 0g以上とし、160cm以上の場合は糖質60g以上 とした。セルフモニタリングシートに実行度 を記入させた。


72 名無しのひみつ

わかりました。低糖質食によるインスリン分泌能低下、が糖尿病の原因ね。


74 名無しのひみつ

>>72
分かってない
名古屋大は糖質不足による膵β細胞廃用性萎縮という答えありきだからミスリードの可能性がある
現実的に考えて女子学生の食事が糖質40~60g以下だったとは考えにくい
インスリン分泌が減った原因は欠食と食物繊維不足のほうが可能性は高い


77 名無しのひみつ

犬に糖質が多い餌を食べさせてると歯石ができて歯肉炎になって
歯が抜け落ちる。猫も同様
動物たちは糖質が主な食べ物ではない、過去にもなかった証だ。
人間も歯磨きしなければ同様の症状に悩まさせる。つまり糖質は
農耕文明が始まるまでは人間も食べてはこなかったということになる


79 名無しのひみつ

>>77
農耕が始まる以前で
「全く糖質を摂取してない」とは言い切れない

どんぐりや栗などの木の実とか
野菜の根菜とか
自然に育ったモノを摂取して糖質を食っていた可能性はある

ただし現代に比べたら遥かに少ないだろうが


81 名無しのひみつ

>>79
石器時代には虫歯はない
氷河期が終わり大型の動物がいなくなり食い物が足りなくなったから
農耕が始まった。縄文時代のはじまりもその時期と重なる
つまり縄文時代はすでに人間の本来の食生活とは違う時代ということだ
哺乳動物の永久歯は抜けたら代わりは生えてこない。歯を失えば命に関わる。
哺乳動物は本来歯を失うようなものは食べない。


87 名無しのひみつ

>>79
>縄文人の主食は、
>種実類(しゅじつるい)と根菜類を中心とした植物であることが、
>今日では定説になっている。 >>47

猿人時代から、果実・木の実・植物の根・塊茎など多様に食べてたよ

皮もむかずに食べられる 自然薯 って、寒い時期の
貴重な食料どころか
農耕以前に、日本人類史の黎明から主食だった説がある


88 名無しのひみつ

>>87
そんなのは人類の歴史のうちで最後の1万年にすぎん


82 名無しのひみつ

なくはない
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/8479/?ST=m_news
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/031000092/?ST=m_news


83 名無しのひみつ

>>82
「虫歯はなかったが、ひどく摩耗していた。」
と書いてあるんだが


96 名無しのひみつ

とりあえず
ごはん 半分にした
いい感じ。
糖尿病は糖質取りすぎとMg不足とわかってきてる。久山


97 名無しのひみつ

>>96
酵素不足も大きい、あと体内のイオンバランスがストレスや運動不足で酸性に
傾く(ph7.4→ph7.35)と原因になる。
酵素不足になると、一見バランス良くても消化されないものは吸収されない
というジレンマに陥る。食べているのに酵素不足で栄養失調。
また早食いがそれを加速する。
ビタミン類は、利尿作用が強い(砂糖、カリウム、カフェイン、アルコール、ニコチン)
の過剰で体内から摂っても摂っても消えてゆく。