蛯原 友里(えびはら ゆり、1979年10月3日 - )は、日本のファッションモデル。株式会社Kiharat所属。夫はRIP SLYMEのILMARI。双子の妹はチャイルド・ボディ・セラピストの蛯原英里。結婚前の本名は同じ。宮崎県宮崎郡佐土原町(現・宮崎市)出身。
20キロバイト (2,593 語) - 2021年6月6日 (日) 08:38



(出典 colorful-instagram.com)


2000年代の女性ファッションを象徴する存在、“エビちゃん”こと蛯原友里(41)。『CanCam』の専属モデルを務めて絶大な支持を受け、世に“エビちゃんOL”と呼ばれる一大ファッションブームを巻き起こした。
2009年にRIP SLYMEのILMARIと結婚、2015年に第1子となる男児を出産、先、第2子の妊娠を公表した。
「老いることに、恐怖心はないですね。シワが増えることも、かっこいいと思う。深みが出るというか、人間味がありますよね。」と語る。
そこで、蛯原友里について、まとめてみましたので、ご覧ください。
〜管理人からの一言〜

1 湛然 ★

老いることに、恐怖心はないーーとことんポジティブ、蛯原友里が愛され続ける理由
6/14(月) 19:13 Yahoo!ニュース オリジナル 特集
https://news.yahoo.co.jp/articles/fea371c350fd4f1b7631f537f4c3a3822a7fd67c?page=1
撮影:木村哲夫

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



先日、第2子の妊娠を公表した蛯原友里。かつて社会現象にもなった“エビちゃんOL”ブームから10年以上が経ち、盛衰激しいモデル業界において今なお輝きを放ち続ける。自身の原点、ブーム全盛期、そして “家族”について語る彼女には、一片の偽りもなかった。不惑の40代、「年齢を重ねるのは楽しい。老いは怖くない」と言い切る、エビちゃんの『愛される理由』とは。(取材・文:山野井春絵/撮影:木村哲夫/Yahoo!ニュース オリジナル 特集編集部)

◆挫折知らずのスーパーポジティブ エビちゃん

2000年代の女性ファッションを象徴する存在、“エビちゃん”こと蛯原友里(41)。『CanCam』の専属モデルを務めて絶大な支持を受け、世に“エビちゃんOL”と呼ばれる一大ファッションブームを巻き起こした。当時はドラマ、バラエティー番組などへのテレビ出演もめざましく、タレントや俳優へ転向するかとも思われたが、2009年に結婚、2015年に第1子となる男児を出産してからは、映像で見かける機会が減っていた。

「テレビ出演をあえて控えていた、というわけではないんです。出産を経て、子育てにも集中したい、家庭と仕事のバランスを取りたいと思い、一番自分がやりたいことは何だろう?と見つめ直してみたら、やっぱりモデルのお仕事だったんですよね」

キラキラした笑顔。エビちゃんは、今でも雑誌で見た通りの明るい印象だ。

だが誰しも、何かしら挫折感を味わうことはあるはずだ。この人にも、何か苦節のストーリーはないか。失礼ながらそんなふうに探りたくなって、質問をぶつけてみた

「何でしょうね、小さいときから、いつでも未来志向というか。何か悩んでいることがあっても、『これを解決すれば、どうにかなるじゃん』って、勝手に前を向ける性格なんですよね。これは、双子の妹と一緒にずっとスポーツを頑張って、『これをクリアすれば達成感がある!』という気持ちを何度も味わってきたからかな、と思っているんです」

「だめになったらどうしよう」とふと不安になるときも、「宮崎には帰る場所がある、自分を応援する家族がいる」と思えば、暗雲はすぐに吹き飛んだ。絶対的な味方がいるという安心感が、エビちゃんの心をいつも晴れやかにするのだという。

ブームの最盛期には、エビちゃんが身に着けるものすべてが瞬く間に売り切れ、問い合わせも殺到した。

「ただ好きで続けてきたモデルという仕事が、そこまで世の中に影響を与えるとは思っていなかったので、驚きましたよね。ただ、エビちゃんOLという言葉は、客観的に見ていました。自分ではない感じ。ロケバスの中から外を見ると、自分が雑誌でしたようなスタイルで歩いている人がいて、『エビちゃんぽいな~』とかって眺めていましたね」

では、雑誌の専属モデルから卒業するときはどうだったろう。若い世代のモデルが続々と登場するなか、一つの時代を終えることに、不安や寂しさを感じることはなかったか。

「そうですね、それまでのエビちゃん的なものから、求められるものが変わっていったので、その環境になじむまでには少し時間がかかったところもありました。表情だけではどうにもならないし、洋服も違いますから。でも、時間が経つにつれて、自分のものになった、という感じです。一つの雑誌を卒業するときには寂しさもあるんですけど、どの仕事でも『いつやめても後悔はない』というくらい頑張ったという自負があるので。次のステージに進むときは、新しい扉をパーッと開くような感じで、『どんなことが待っているんだろう』という気持ちのほうが、いつも強いんですよね」




Yogibo Max(ヨギボーマックス)



73 名無しさん@恐縮です

>>1
グロ


3 名無しさん@恐縮です

愛され続けてなんてないよ。
押切もえ他程、人の畑を荒らしてないから鼻につかないだけ。


19 名無しさん@恐縮です

>>3
知らねーよクズ


10 名無しさん@恐縮です

誰だよ若い世代はもう知らんだろ


31 名無しさん@恐縮です

>>10
蛯原って書いてあるだろ
読めないの?


18 名無しさん@恐縮です

今でもイルマリにガツンガツン突かれまくってるのかな?


36 名無しさん@恐縮です

>>18
おまえのパパとママもそうやっておまえが産まれて来たんだぞ


25 名無しさん@恐縮です

押切もえのほうが可愛かったし人気もあったよね


30 名無しさん@恐縮です

>>25
なんですって!


62 名無しさん@恐縮です

>>25
> 押切もえのほうが可愛かったし

それはない


33 名無しさん@恐縮です

全盛期は本物だった
資生堂のCMでもとなりにいるこじはるがゴミのようだったし


37 名無しさん@恐縮です

>>33
ゴミはお前だよ


71 名無しさん@恐縮です

>>33
ムスカ


35 名無しさん@恐縮です

演技が出来たら今頃は女優様だったのにな
そういうビジュアルとカリスマ性があった
実際そういう動きもあったが*棒大根がバレて
只野仁のOL役以外女優仕事は無くなったw


42 名無しさん@恐縮です

>>35
だがあれが良いw


45 名無しさん@恐縮です

>>35
天は二物を与えなかったな
あそこまで演技ができないっていうのは、脳に何ら頭の障害があるのかと疑うレベルだった。


65 名無しさん@恐縮です

>>45
上手くやれば只野仁はバーターでレギュラーになれたと思う。


44 名無しさん@恐縮です

修正なしの現実は悲惨

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


47 名無しさん@恐縮です

>>44
グロ注意


49 名無しさん@恐縮です

>>44
これ思い出した

(出典 i.imgur.com)


67 名無しさん@恐縮です

>>44
修正なしよりヘアメイク衣装が戦犯だろこれは
赤みの髪に紫寄りの淡青ニット、オレンジのリップでがちゃがちゃ
スダレ前髪はトレンドだからある程度仕方ないにしろ全体にぺったりした髪で出来る限り禿貧相に見せる
貧相に見せた髪とこざっぱりしすぎの淡青ニットなのに耳にアクセ山盛りでパールのカフはプラっぽさが悪目立ち
全ての要素を四方八方に散らかしてこれは…


69 名無しさん@恐縮です

>>44
思ってたより変じゃなくね?
もっとひどいかと思った。


59 名無しさん@恐縮です

演技が下手なことの恐怖心は感じた方がええで


68 名無しさん@恐縮です

>>59
元々女優志望ではないだろ
二度とやらないと思うわw






未来が変わる!話題の副業とは?


【無料】詳細資料を期間限定で配布中!副収入で月20万円を得られるチャンス!空き時間を資産に変える『tool+』で生活を楽に!難しい事はありません!コピペが出来れば誰にでも出来る簡単な副業です!