大野 将平(おおの しょうへい、1992年〈平成4年〉2月3日 - )は、山口県山口市出身の日本の柔道選手。階級は73kg級。身長170cm。血液型はO型。組み手は右組み。段位は四段。得意技は大外刈と内股。現在は旭化成に所属。 柔道は7歳の時に松美柔道スポーツ少年団で始めた。道場の2年先輩には後に
66キロバイト (8,910 語) - 2021年4月30日 (金) 08:03


リオ五輪金の大野将平(旭化成)が金メダルを獲得した。決勝でラシャ・シャフダトゥアシビリ(ジョージア)を延長の末、支え釣り込み足技ありで破った。柔道男子日本勢の五輪連覇は斉藤仁、野村忠宏、内柴正人に続いて4人目の快挙。19年世界選手権をオール一本で制するなど圧倒的な強さを誇るが「言葉にする以上に連覇は難しい」と見据え、「防衛的悲観主義という言葉もあるが、試合のギリギリまで自分を疑い続けてやっていきたい」と心境を語っていた。
そこで、大野将平について、まとめてみましたので、ご覧ください。
〜管理人からの一言〜

1 数の子 ★

◆東京五輪 柔道男子73キロ級(26日・日本武道館)

 リオ五輪金の大野将平(旭化成)が金メダルを獲得した。決勝でラシャ・シャフダトゥアシビリ(ジョージア)を破った。柔道男子日本勢の五輪連覇は斉藤仁、野村忠宏、内柴正人に続いて4人目の快挙。

 19年世界選手権をオール一本で制するなど圧倒的な強さを誇るが「言葉にする以上に連覇は難しい」と見据え、「防衛的悲観主義という言葉もあるが、試合のギリギリまで自分を疑い続けてやっていきたい」と心境を語っていた。

 準々決勝でリオ銀メダルの第1シード・オルジョフ(アゼルバイジャン)を下すなど、3試合連続の一本勝ちで準決勝へ。準決勝ではツェンドチル(モンゴル)を延長の末に破った。

 ◆大野 将平(おおの・しょうへい)1992年2月3日、山口県生まれ。旭化成所属。東京・弦巻中、世田谷学園高では柔道私塾「講道学舎」で鍛え天理大へ。2011年に世界ジュニア制覇。73キロ級で13、15、19年世界選手権優勝、16年リオ五輪金。右組み。得意技は大外刈り、内股。170センチ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3024010e2eeee8e77cec99c7da3d6c4109ed6073





24 名無しさん@恐縮です

解説の

穴井が面白かった

NHK


74 名無しさん@恐縮です

>>24
相撲実況もやる三瓶も荒磯くらい喋る穴井だからイケると思ったのかイジってて笑った


70 名無しさん@恐縮です

反日だろこいつ
*!!!くそちび!!


92 名無しさん@恐縮です

>>70
はい開示